Audi TT(8J)ドライブシャフトブーツ交換修理費用を見積り

Automobile
スポンサーリンク

Audi TTのエンジンオイルを下抜きで交換したとき、ドライブシャフトのブーツ(アウター側)が破れてグリスが飛び散っていることを発見しました。

写真からもわかるようにフロント左側ブーツの根本が破れてグリスが飛び散っています。アウディは国産車のようなジャバラの間が割れる破損よりも、ステンレスバンドの継ぎ目付近で裂ける破損が多いようです。

ドライブシャフトのブーツ破れ面から砂やゴミが混入すると、ベアリング交換となってしまうため、できるだけ早く交換する必要があります。

飛び散ったグリスの外観から想定するとブーツが破れてから相当走行していたみたいで、交換を急ぐことにしました。

ドライブシャフトを抜くという作業は、DIYとしては大掛かりですので、DIY修理を行うかを決定するため、修理にかかるコストを調べてみました。

DIY修理の場合

ネットで作業された方の手順を見て、必要な機材や工具を見積もると以下の金額が必要です。

品名価格備考
フロアジャッキ約20,000円タイヤ脱着に必要
ウマ(4個)約10,000円ジャッキ後に必要
トルクレンチ(タイヤ脱着用120Nm)約6,000円タイヤ脱着に必要
ステンレスバンドカシメ工具約3,000円ブーツ交換しか使わない
ドライブシャフト外しに必要な工具約10,000円ブーツ交換しか使わない
ブーツ部品代(Meyle)約3,000円
合計 約50,000円

ドライブシャフトを外すにはジャッキアップ等の工具類に初期コストがかかります。さらに購入する工具のうち、カシメ工具やドライブシャフト外しはブーツ交換にしか使い道がありません。

2回目からは安くすむとは言え、ドライブシャフトブーツの交換は10年に1回もしませんから投資対効果はあまりよくありません、というより投資回収は無理なレベルです。

お友達にDIY作業ができるか聞いてみた

自動車修理に詳しい友人にも相談してみました。

  • 素人でドライブシャフトを外す作業は絶対やめたほうがいい、シャフトが手持ち工具にで抜けないかもしれない、シャフトが抜けても固くて戻せないこともある
  • ドライブシャフトが戻せたとしても走行させてガタがでたら設備を持っている修理屋に持っていくしか無い
  • ブーツが破れた場合はグリス清掃してオーバーホールするタイミングと考える方が良い
  • 高いクルマなので他車種の分割ブーツ流用は「あくまでも応急処置」である。

との経験に基づいた心強いアドバイスをもらいました。

店舗に依頼する場合の費用

DIY作業では、工具コストが高額であるし、作業リスクも高いとわかったので、購入時にお世話になった修理屋さんに相談してみました。

  • 当方:いつもお世話になっております。アウディTTのブーツが破れているのを発見したので、修理してもらいたいのですが、対応できますか?
  • 修理屋さん:できるよ。部品代で1~1.5万円、工賃はドライブシャフト外して清掃がいるので、概ね2~2.5万円くらいかかるかな。(さすが常に満車の修理屋さん、即答です)
  • 当方:それで予約します。いつ作業できますか?
  • 修理屋さん:今週、来週はいっぱいで無理、再来週ならいけるで。よくやっている作業なので1日あずかって翌日返却で対応できるよ。
  • 当方:それでお願いします。

修理費用は計4万円くらいですね、あっさりと修理屋さんに依頼することで決めました。

ブーツ交換は外注が吉

ネットでは寸法が近似する分割ブーツを使って応急処置をされている方もおられますが、長く乗るのであれば純正か互換部品への交換が良いと思いました。

今回はDIYは諦めて修理屋さんへ依頼することにしました。

Automobile
スポンサーリンク
falconblog