シチズン高級置き時計の修理

Repair/ Renewal
スポンサーリンク

シチズンの置き時計が不動になってしまったので、修理しました。

原因調査

時計を見ると不動になっていたので、いつもどおり電池を取り替えたのですが、新品の電池をいれても動作しなくなってました。

リアのパネルを外すとすぐ原因が判明しました。電線部分に青さびが出ており、電池の電解液らしきものがついているので、過去の電池液漏れによる電線腐食でした。

幸い電極は腐食していませんが、電線の心線は酸化で黒く変色しており、ハンダも乗らない状態だったので、マイナス極側の電線をすべて入れ替える必要がありました。

分解作業

分解は簡単ですが、木ねじが使われているので、プラスチックを割らないよう力加減をしていきます。時計の修理で最も難しいのは、文字盤の抜針です。抜針しないとクオーツユニットが外れないので、傷をつけないように抜針します。

故障個所の修理

分解出来たら、電線を張り替えるだけなので、作業は簡単です。工具があれば問題ありません。

再組み立て・動作確認

逆の順番で組み立てるだけです。文字盤に傷をつけないように注意します。

推奨工具

  • 自動温調ハンダこて goot PX-201
  • はんだ goot SD-63(修理は鉛入りが作業性良)
  • 各種ピンセット(先細、先フラット、逆作用)

動画はこちら

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有