google search control noindexタグの対策で苦労した

WordPress
スポンサーリンク

経緯

サイトを立ち上げて数日したら、Google Search Consoleからこのようなメールが到来しました。

詳細を見ると、noindexと判定された場合は、https://(自分のサイト).org/sitemap.htmlとなっています。

sitemap.htmlは固定ページとして存在し、中身は以下のようにテーマcocoonの機能で作ったサイトマップのタグを入れているだけでした。

sitemap page=0 single=1 category=1 archive=0

sitemap.xmlを作成・送信するプラグインは、google XML-sitemapを使っています。

とりあえずやったこと

テーマ"Cocoon"とプラグイン"google XML-sitemap"をデフォルト値で使うと、出現するメジャーな問題のようで、すぐに次の2つを処置を実行しました。

  • XML-sitemapにて「固定ページhtmlを含める」のチェックを外す。
  • CocoonのSEO設定でnoindexにしないを外す。

しかし、再テストしても検査に合格しません。

いろいろググっても、同様の事例が記載されたページが見つけられず、数日の間、調査していました。

カバレッジの画面をみていたいら原因に気づいた

冷静になってgoogleがFailしたというアドレスを見ると、https://(自分のサイト).org/sitemap.htmlとなっていたので、直接ウェブアクセスするとサイトマップがxml形式で表示されます。

自分の場合は、自分のサイトマップで https://(自分のサイト).org/sitemap.html という固定ページを作っており、google-XML-sitemapと競合していたようです。

固定ページであるサイトマップのパーマリンクをsitemap → my-sitemapに変更し、google search consoleでsitemap.xmlを再送することで、恒久対策としました。

sitemap.xmlを作り直して修正した場合は、googleの再クロールに数日かかるので、すぐ検証合格にとはなりません。ここは待つしかありません。

翌日、カバレッジを見ると”合格”となっていました。

対処まとめ

原因が分かってしまえば簡単でした。

  • google XML-Sitemapの「固定ページhtmlを含める」のチェックを外す
  • CocoonのSEO設定でnoindexにするのチェックを外す
  • sitemap.htmlとなるページを作っている場合は、パーマリンクをリネームする

 

WordPress
スポンサーリンク
falconblog