Windows10 マザボ交換 アカウント紐づけ忘れの対処法

PC / Linux
スポンサーリンク

概要

Windows10を自作でやっている方は、Windows7や8、8.1からの無償アップグレートのライセンスを使い続けている人も多いと思います。

私もDSP版ライセンスを複数持っていて、マザーボードを交換するときにアカウントとライセンスの紐づけを忘れて、ライセンスが外れてしまったことがありますので、そのときに対処した内容をご紹介します。

この対応したのは2018年なので少し古く、現在はMS側のシステム改修等でこのような応対なくライセンス認証が出来ているかもしれません。

確認と準備

以下2点の処置にて、マイクロソフトとチャットを行う準備をします。

  • Windows→設定→ライセンス認証で現在のライセンスでライセンス状態を確認
  • パッケージ版、OEM版は、ライセンスシールが手元にあるはずなので、購入した時のパッケージを準備する。

マイクロソフトとチャットの実施

ライセンス認証のウィンドウで「チャット」を行い、マイクロソフト ライセンス担当者とチャットします。

チャットの営業時間は平日9:00~18:00、土日は10:00~18:00。 年末年始と祝日は休みです。

チャットはそれほど混んでいませんでした。待たされても10分くらいで自分の番が回ってきました。

電話対応より遥かに早いと思います。

MSとのチャット内容

チャットが始まって、困っている状態を回答したところ、PCのライセンス状態のチェック、製品の種類を聞かれました。

1. パソコン購入時に搭載されていたプリインストール版
2. パッケージ版 (32bit、64bit それぞれの DVD が付属)
3. DSP 版 (32bit または 64bit どちらかの DVD が付属)
4. ダウンロード版(インストールメディアは付与されません)

今回は、Windows8.1のDSP版を購入していたので、3.のDSP版と回答しました。

MSからはもう一度既存のライセンス番号を入れるよう指示があるので、画面に表示された結果をチャットで連絡します。

MS:ライセンス認証が完了した旨のメッセージが表示されましたら、画面を閉じて完了した旨をお知らせいただけますでしょうか。

MS:また、エラーなどが表示されましたら、その内容をお知らせいただけますか?

自分:windowsのライセンス認証ができません、となります

ライセンス認証が出来ないので、プロダクトキーの問い合わせがあり、ライセンス状態を確認されました。

MS:プロダクトキーについて確認させていただきますので、プロダクトキーをお知らせいただいてもよろしいでしょうか。

自分:XXXXX-YYYYY-ZZZZZ-AAAAA-BBBBB です

MS:確認いたしましたところ、問題なくライセンス認証にご利用いただける状況でございました。
このため、他に方法がないか確認いたしますので、3~5分ほどお待ちください。

3-5分ほどチャットをつなげっぱなしで待つと、次のような回答が到来しました。

MS:確認させていただいたところ、今回に限り特別にWindows 10のライセンスにご利用いただけるプロダクトキーを発行させていただきます。

MS:今後、Windows 10の再インストールや、ライセンス認証が必要になった場合などにご利用いただけます。
MS:パソコンが起動できない場合に備えて、メモ用紙などに保存をお願いいたします。

MS:元のWindows 8.1 のライセンスを引き継いでおり、併用はできませんのでご注意ください。

MS:元のWindows 8.1 をご利用の際には、元のプロダクトキーが必要となりますので、大切に保管をしていただきますようお願いいたします。

というわけで、いろいろ条件が付いた状態で、プロダクトキーが再発行されることになりました。

最後は発行されたライセンスを入れて、認証確認をしたら、チャット終了です。

MS:ライセンス認証が完了した旨のメッセージが表示されましたら、画面を閉じて完了した旨をお知らせいただけますでしょうか。

MS:また、エラーなどが表示されましたら、その内容をお知らせいただけますか?

自分:ライセンス認証されました。

ライセンスキーが再発行されました

マイクロソフトのチャット対応は概して丁寧で、ライセンス再発行されるまでのチャット所要時間は40分程度でした。

DSP版はハードウェアとの紐づけもいる販売形態なので、PCを全く知らない人には、難しいかもしれません。

Windows DSP版を使っていて、マザーボード交換等でライセンスが外れてしまった方は、この処置でライセンス認証がなされました。参考にしてください。