Windows10のライセンスを移動する方法

Windows

リテールやDSPといった譲渡・移動できるWindowsライセンスを保有している場合は、slmgrコマンドでライセンスを抜いたり、入れたりすることが出来るので備忘録として記事にします。

Windows10のライセンスはslmgrコマンドで確認出来ます。slmgrコマンドはVBscriptで組まれており、Windowsのレジストリにあるライセンス情報の読み出しや各種操作をする機能を持っています。

注記:同じMicrosoft社Officeもパッケージ版がありますが、ライセンス形態がたくさんあり、国により販売形態も違うようで、WindowsOSのような統一的な操作で対応が出来ません。本記事はWindowsOSのみついての記載となりますので予めご了承ください。

slmgr ?でコマンドオプションを確認する

管理者コマンドモードで”slmgr ?”と入力するとコマンドの使い方が一望出来ます。

5ウィンドウが出ますが、3つはボリュームライセンス関連なので、一般においては最初の2つの内容で十分でした。

WindowsOSのライセンス情報を確認する

ライセンス情報の確認は、powershell(管理者)を起動してslmger に/dliオプションをつけます。

> slmgr /dli

すると以下のようなウィンドウが出てライセンス状態が確認できます。

このPCはリテール版であることが確認できました。

リテール版は他のPCに移動したり、譲渡が出来るライセンス形態で一番利便性が高い製品です。DSP版の場合はDSPと出てきます。

WindowsOSを別のPCに移動、または、譲渡する場合の作業

WindowsOSを譲渡する場合は、次の3つの作業が必要です。

  • プロダクトキーが記載されたパッケージ、または、メールの所在確認
  • ローカルアカウントにしてアカウントリンクの紐付けを解除する
  • ライセンスキーを削除する

プロダクトキーの所在を確認

プロダクトキーはWindowsを認証するときに必要なキーコードで25桁の暗号キー(XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX)となっています。

以前はWindowsのレジストリに記載されていたようですが、いつの日からか記載されなくなりました。

PassFab product key recoveryというソフトでも調査はできますが、有償なのでパッケージかメールの所在を確認し、紙に印刷しておいたほうが良いと思います。

アカウントのリンクを解除する

ライセンスキーを削除する前にアカウントのリンクを解除します。

設定→ライセンス認証にてライセンスの認証状態を確認します。「アカウントにリンクされたデジタルライセンス」となっている場合は、アカウントリンクを解除する必要があります。

アカウントリンクの解除は、設定→アカウント→「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」でローカルアカウントに切り替えできます。

アカウントリンクを解除すると、アカウントに関係するシステムサービス(OneDriveなど)が使えなくなるので、ファイル等はローカルディスクにコピーして作業をします。

ローカルアカウントに切り替えてライセンス認証の状況を確認すると、アカウントの紐付けが解除されていることを確認します。

この作業を忘れるとライセンスを他のPCに移動した場合、アカウントが違うとライセンス認証されなくなりますので必ず行います。

移行前のライセンスを削除する

ライセンスの削除は/upkオプションを付けるだけです。簡単です。

> slmgr /upk :ライセンスを削除します

後ほど、別のライセンスを入れる場合は、次の手順を行います。

> slmgr /ipk xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx :xxxxxはライセンス番号です
> slmgr /ato :オンライン認証をします

「製品は正常にライセンス認証されました」とポップアップメッセージが出れば認証は完了です。

エラーがでた場合は、電話認証(自動音声)になると思います。

電話認証でも一向に進まない場合は、ライセンス確認のダイアログにはチャット認証先が出ているでしょうから、そこからMicrosoft社と対話で再認証となります。

チャット認証は、パッケージの状態について質問がありますので、答えていくだけで特段の問題はないと思います。