CocoonでGoogle AdSense申請 403 Errorの対処

WordPress
スポンサーリンク

Google AdSenseの申請において、最後にheadコードを埋め込むという作業がありますが、cocoonでは、アクセス解析のヘッド用コード部分にコピペすることで簡単に処置が出来ます。

このfalconblogは、サーバーにロリポップ!を使用しているのですが、指定されたコードを張り付けて変更の保存をクリックしたところ、403エラーになってしまいます。

対処は、ロリポップ!のエラーメッセージにも書かれているのですが、ヘッド用コードは、WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)を"OFF"にしないと書き換えができない部分のため、ロリポップ!の管理画面でWAFを無効にするをクリックすると、ヘッド用コードの追加変更が可能になります。

head部分は、改ざんされると被害が甚大ですから、ファイアウォールで制限をかけておく箇所としては妥当だと思います。

WAFの切り替えには、10分間程度の時間が必要とありましたが、5分くらいで変更反映ができました。

Google AdSenseの審査用ヘッドタグを入力して、”入力しました”を回答(クリック)すると、すぐにgoogleより”確認しました”と返送があり、審査待ちになりました。

HP立ち上げは、色々な申し込み手続きがあって気持ちが先走りますが、落ち着いて余裕をもってやるほうが良いと思います。

WordPress
スポンサーリンク
falconblog