ubuntu18.04 LTS login画面が出ない対策

Linux
スポンサーリンク

ファイルサーバーにubuntu18.04 LTSを使っていますが、ソフトウェアをアップデートして再起動するとログイン画面が出てこなくなりました。

Windowsからアクセスしてみると、apacheやsambaは動いているので、システムは正常動作しているようです。

そのままではubuntuにログインできないので、Ctrl +Alt +F2でコマンドログインします。

最初、一番被害のすくなそうなgdmのパッケージの再インストールを実施してみました。

$ sudo apt install ubuntu-desktop
$ sudo apt install --reinstall gdm3 ubuntu-desktop gnome-shell

しかし、改善されません。

Ctrl + Alt +F1、Ctrl +Alt +F2の切り替えをしても、ログイン画面が出てきません。

Windows PCでググってみると、18.04のログイン画面は、X-windowではなくてWaylandという新しいウィンドウドライバが使われていて、これがうまく動かないときがあるのだそうです。

そういえば16.04 LTSからログイン画面が新しくなってました。単なるデザインチェンジだと思っていました。

X-windowのログイン画面にするには、コマンドラインからログインしテキストエディターでWaylandを取り外します。

$ sudo nano /etc/gdm3/custom.conf

#WaylandEnable=false のコメントアウトを削除して保存します。

コメントアウトは、"#"を削除するだけの簡単な作業ですが、コマンドラインでnanoを動かすと2バイト文字が出せず説明が文字化けしているので、保存と終了のやり方がどうしても分かりません。

Windowsで調べると、nanoの保存はCtrl + S , 終了はCtrl +Xです。Emacsと違うので注意が必要です。viエディタが使える方は、そちらの方が良いかもしれません。

保存終了が出来れば、コマンドラインから再起動します。

# sync
# sync
# reboot

再起動したらログイン画面が出るようになりました。

ログイン画面の時刻がGMTになっていたのも直ってました。