おすすめ 精密ドライバー AINEX TL-015

Repair/ Renewal
スポンサーリンク

最近の電気・電子製品は特に小さいので、精密ドライバーは頻繁に使う道具です。

精密ドライバーは百円均一でも売られており、それでもそこそこ使えるのですが、私のおすすめの精密ドライバーは、アイネックス TL-015です。

商品の構成は、ハンドル、ビットホルダー、ビット30種類が一つのケースに入った製品です。セットに内包されているビットは30種類で、その構成が絶妙なので不足と思ったことがありません。

購入のきっかけは、自分の作業に三角ネジを内包していたことと、自作PCパーツサプライヤのAINEXが販売していることから、選定しました。

修理作業で一番良く使うビットは、トルクスとプラスねじですが、スマートフォンをこじ開けたりするときはマイナスビットも重宝します。

ただし、こじあけるときはビットが金属なので、あて紙いれて傷がつかないようにする必要はありますので注意はしてください。

最近は、AndroidスマホのSDカード入れ替えにSIMイジェクトピンも良く使います。

イジェクトピンの場所は、最下段の0.8◎のビットです。スマホに付属するイジェクトピンは、耐久性も低いので、出すのも面倒ですから重宝します。

TL-05の仕様

ハンドルとビットホルダーは、伸縮できる構造なので、遠いところのねじも問題なく回せます。

またハンドルの最後部は空回りするようになっており、ドライバーを押さえつけた状態でネジを回すことも容易です。

ビットホルダーを伸ばした状態

このTL-05ですが、ビットの強度がないとの評価も見ることもあります。自分の修理では問題なく回せていますし、ビットかけも出ていません。

ビットは、ニッケルクロムのモリブデン鋼なのでそこそこの硬度を持っており、おそらく何らかの要因で回りようもない固着したネジを回したのだと思います。

小さいネジは慎重に回さないといけないのと、エレクトロニッククリーナなどの溶剤で固着部分を溶解してから回したほうが懸命です。

携帯ゲーム機PSP-2000のケースネジにT2トルクスが使われているのですが、これも難なく回すことができます。

PSPはジョイスティックがよく動作不良になるため、定期的に内部清掃が必要ですので、この工具は携帯電話、ゲーム機のメンテナンスには必須だと思います。PSP-3000からは+ネジに変更されているので、00番を使ってねじを回します。