NEC IXルータ NetMeister経由でのファーム更新

Wired
スポンサーリンク

現在メインで使用しているVPNルータのNEC IX2105が、NetMeisterというNECのクラウド管理サービスを使うことにより、ファームウェアを更新が出来るようになったので実施してみました。

ファームウェアのアップデート要件

ファームウェア更新は、次の要件を満たす必要がありました。

  • IXのファームウェアがVer10.0以上
  • NetMeisterにアカウント登録すること
  • IXルータをNetMeisterに登録すること

ファームウェアVer.10以上というのが少々ネックですが、オンラインでアップデートできるようになったのは素晴らしいです。

ファームウェアバージョンアップ手順

手順は、NetMeisterの概要にあるとおりに行えばよく、次の4ステップだけととても簡単でした。

ファームウェアアップデートは10分程度の時間が必要です。

アップデート中は、ルータ再起動、および、PPPによるグローバルアドレスり割り付け待ちがあるのでネットワークが使えません。

ファームウェアのアップデートはネットワークが停止しても影響のない時間帯で行うようにします。

オフラインアップデート用のrapファイルは手に入らない

上述の手順どおり、作業を進めた結果、とても簡単にファームウェアがアップデート出来ました。

これまでのコンソール経由のアップデートをする必要はありません。

しかし、オフラインでアップデートするためのrapファイルは入手できないようです。この製品は、日本国内に制限されているため、ファーム頒布に制限が設けられているようです。

ファームウェアがver.9以前の方はNECと入手に関する契約を行う(中古だと代理店がなく入手困難)か、Ver.10以上の機器を購入する必要があります。

ルーターがインターネットにつながっていれば遠隔地も制御可能

NetMeisterは、元々DDNSサービスを提供しているので、ルーターをインターネットにさえつないでいればMACアドレス等により遠隔地のルーターも制御することができます。

これで遠方のルータも管理の幅が広がり、利便性が向上しました。

Wired
スポンサーリンク
falconblog