志賀高原はふるさと納税でお得に行く!

Sports / Activity
スポンサーリンク

毎年、志賀高原へスキーに行っているのですが、ふるさと納税を活用するとお安く行けることが分かりましたので紹介します。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付する制度で、所定の手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除になります。

納める税金は同じで減るわけではありませんから、税金の控除だけならば大した制度ではないと思ってしまうのですが、返礼品が貰える他、サイトによってポイントも付与されるので実施した人には大きなメリットがあります。

なにしろ支払った寄付金は、ほぼすべてが税金の控除となりますから、返礼品がタダでもらえるということと等価です。(ただし、控除額は上限があり、年収が多い人ほど高額の控除額となります。)

寄付金は自治体に直接送金するのではなく、楽天、Yahoo!、さとふる、というメジャーなネットショップでも寄付が行え、その寄付にもポイントが付きます。つまり10万円の寄付でポイントが4%とすると、4,000円分のポイントがもらえるということになります。

寄付なのにポイントが付くという、なんともおかしな話に聞こえるのですが、現時点では特段の規制はないようです。販売サイト含めて経済が活性化するので、消費者以外にもメリットがあるんでしょうね。

また所定の手続きには、確定申告する必要のないワンストップ特例制度(5件までの寄付)も使えるので、本当に”寄付を買う”だけで返礼品が受け取れます

志賀高原で使えるふるさと納税

志賀高原は、本州で国内最大の規模のリゾートサイトで標高が2,000mと高い場所にあります。

冬季は雪質も良いことから、大変人気のあるスキー場です。スキー場は外国人にもかなりの人気があり、パンデミックで入国規制がされるまでは、客の半数が外国人という時もありました。

その志賀高原は長野県山之内町にあります。山之内町にとって志賀高原は重要な観光資産ですので、ふるさと納税にもかなりの力が入っています。

志賀高原はかなり山奥にあるため、宿泊費やリフト券料金が他のスキー場より少し割高となっていますので、以下のふるさと納税の返礼品を活用がおすすめです。

なお山之内町への寄付は、”楽天”と”さとふる”のみのようで、Yahoo!では取り扱っていませんでした。

ふるさと納税をカード決済する場合は事後承認に注意

ふるさと納税はクレジットカードで支払いができますが、高額になる場合はクレジットカード会社の承認が必要になる場合があります。

高額のしきい値は、カード会社やカード種別によって設定は違うようなのですが、概ね10万円を超えたあたりから、承認が必要となると思っておいた方が良さそうです。

注意点として、カード決済の承認が降りない場合、ネットショップからはカード決済が出来ないとの連絡だけでカード会社から連絡は来ません。決済の承認は、こちらからカード裏面のサポートに電話して、支払ったことを直接通知する必要があります。

サポートが開いている時間に電話しないといけないので、慌てないように対処しましょう。