Audi TT DCTオイル交換をDIYで行う(準備編)

Automobile
スポンサーリンク

DIYでアウディTT(8J)のデュアルクラッチトランスミッションオイル(DCTオイル)交換を計画しています。

アウディTTのDCTトランスミッションは、年式によって湿式と乾式があります。湿式のほうが多量のオイルを使うのですが、オイルが緩衝材となるので壊れにくいという特性があります。

しかし、アウディのDCTトランスミッションは、オイル管理不良によるトラブルが発生するため、メンテナンスインターバル(60,000km)より早めの交換が良いといわれています。

アウディのDCTオイル交換は、VCDSというコーディングツールが必要となりますが、DIYでも出来る作業です。本記事では準備編として、必要工具と交換手順についてまとめました。

DCTオイル交換手順の確認

DCTトランスミッション(Sトロニック)のワークショップマニュアル(workshop manual)で手順を確認したところ、次の要領が記載されていました。以外と工程が多いです。

  1. 車両をリフトアップする:4柱リフトで水平にする。
  2. VDCS接続とDCTオイルの温度確認する。
  3. オイルフィルター口を外し、オイル注入ができることを確認する。
  4. ドレインプラグとオーバーフローパイプを外してオイルを排出する。
  5. 排出後、オーバーフローパイプを3Nmで締め、ドレインプラグは仮締めする。
  6. オイルフィルターを外して新油を注入する。(6 S-torinicの場合はオイルフィルター口から入れることが可能)
  7. 新油を4.5L程度入れ終わったら、新油に浸した新しいDSCオイルフィルターを取り付ける。
  8. エンジンを始動し、シフトをP→R→Dに入れてオイルを循環させる。
  9. エンジンを停止し、VCDSでDCTオイル温度を注視する。温度が35~45℃になったところで、ドレインプラグを抜き、余分なオイルを抜く。
  10. ドレインプラグのシールを交換し、トルクレンチで本締めする。

この作業の注意書きには次のように書かれています。mustが多いですね。

  • Vehicle must be absolutely horizontal (on a four-pillar lifting platform or over an inspection pit).
  • The gear oil level varies according to the oil temperature: if the oil temperature is too low, this will result in overfilling; if it is too high this will result in underfilling.
  • An incorrect gear oil level will impair the function of the gearbox.
  • The oil temperature must not be higher than 45°C at the commencement of the test.

ドレインプラグとオーバーフローパイプの構造は次の図のとおりになっています。

注入排出口と必要工具の確認

先に注入口と排出口を確認します。

注入口はDCTオイルフィルター口を使います(正規はドレインからポンプで注入です)

排出はエンジン横のDCTトランスミッションのドレインボルトです。

必要工具と締結トルクはネット情報だけではなく、メンテナンスマニュアルでも確認します。

六角、ソケットとも標準サイズではないため、専用に購入する必要があります。

オーバーフローパイプは少し奥まった場所にあるため、長め六角レンチが必要です。またこの作業は温度管理が必要であるため、VCDSは必須となります。

  • DSGドレインボルト:六角 14mm, 45Nm
  • オーバーフローパイプ:六角 8mm(100mm程度の長いもの), 3Nm
  • DSGオイルフィルタ: 24mmソケット, 20Nm
  • DSG油温:35℃- 45℃(交換温度)

消耗品の確認

DCTオイル、フィルター、シールなどの消耗品は、Motul, Meyle, SWAGなどの互換メーカー品も使用できます。

DCTオイルは1万円超えと高額なので、ネットショップのセール時に購入すると良いでしょう。

  • DCTオイルシール:アウディ DCTドレンプラグシール/ワッシャー S-TRONIC用
  • DCTオイルフィルター:Meyle 100 136 0003
  • 6S-toronicDCTオイル:Motul Muulti DCTF 1Lx5個

VCDSで温度計測を予行演習

DCTオイルの温度監視は、VCDSをつないで事前測定をしておきます。

1.Control Moduleを選択

2.Auto Transを選択

3.Meas Block -08を選択

4.Meas BlockのGroup19にDCTオイル温度が表示

DIYでの作業は夏季と冬季を避けて行う

アウディのDCTオイル交換は、オイルを冷ますという工程がありますので、どうしても時間がかかります。

DIYで行う場合は、季節と気温を考慮して、秋~初冬にかけて実施したほうが良いと思います。

今回は準備編としてここまでの記載です。これから部材を収集し、交換する時期になったら、作業を実施して記事にしたいと思います。

Automobile
スポンサーリンク
falconblog