Audi TT ブーツ破れをショップ依頼で修理完了

Automobile
スポンサーリンク

アウディのドライブシャフトのブーツ破れ(アウター側)の修理においては、分割ブーツの設定がなく、DIYによる交換を断念したので、近所の修理屋さんで交換してもらうことにしました。

破れていたブーツはフロント左側のみでしたが、フロント右側も経年で破れると思われるので、同時交換することにしました。

修理前(フロント左/フロント右):左はブーツが破れてグリスが飛び散っています。右はまだ破れてはいませんが、ジャバラの間がオイルで滲んでいるようにも見えます。

修理後(フロント左/フロント右):交換してきれいになりました。しばらく大丈夫そうですね。

修理に要した費用は次のとおりでした。

品目数量単価(円)小計(円)
ドライブシャフトブーツ(OUT)28,00016,000
グリス23,9007,600
ボルト21,2002,400
ボルト1260072,00
ブーツ交換工賃(シャフト脱着、洗浄、グリス封入)218,00036,000
合計(税別)69,400

修理屋さんの判断でシャフトやハブボルトの交換も行ってくれました。足回りのボルトはたいてい錆が出ているため、経年していたら交換が基本みたいです。

DIYで作業する場合の見積りをしたとき、ボルトを手配することは念頭になかったので、やはりプロに作業を依頼して良かったと思います。部品は修理屋さん側の手配品であるため、単価は高いですけど、手配の手間を考慮すると適正プライスだと思います。

アウターブーツ交換に要した費用は、電話での概算見積りどおり片輪4万円以内で済みました。販売ディーラーでの修理を依頼すると、その1.5~2倍はかかると思います。ブーツ交換修理はイン側ブーツやリア側も交換されたりして、法外な請求をされることも想定されますから、修理して欲しいところだけを依頼することが肝要です。

また自動車修理は、修理に要する作業規模がわからないため、見積書を記載してくれるショップはほぼありません。修理を依頼する前に修理してほしい箇所と概算費用を聞いてから依頼するようにしましょう。

このアウディも車齢12年であり、次年度から自動車税が割増なんですね。何かとお金かかってきます。

Automobile
スポンサーリンク
falconblog