ロジクールデスクマットMP20でPC作業が快適になります

Hardware
スポンサーリンク

ロジクールから幅が広いパソコン用デスクマットMP20が発売されていたので購入しました。

これまでは机の購入時に付属していたナイロンマットを使っていました。ナイロンマットは、夏季は快適なのですが、冬季は硬化して表面が凸凹になりマウスが誤動作してストレスがたまります。

長く柔らかい素材のデスクマットを探していたところ本商品を見つけました。

購入前にロジクールのサイトで使用チェックするとセールストークは次の記載がありました。なかなかよさそうです。

マウスをよりスムーズかつ静かに操作できるうえ、デスクコーディネートの幅が広がります。肌触りの良い生地の表面には撥水加工が施されており、水や飲み物がこぼれても簡単に拭き取れます。裏面にはゴム製の滑り止めが付いており、ほどけないように端をステッチ加工で補強しています。

購入して使ってみる

製品保証はマウスやキーボードと同じ2年も付与されています。ロジクールの製品保証は同等品の代品送付という神対応ですから、品質は裏切らないと考えてよさそうです。

カラーバリエーションは、グレー、ピンク、ブルーの3色があり、汚れが一番目立ちにくそうなグレーを選びました。

表面は、再生ポリエステルで撥水加工されており、水洗いしても問題はなさそうです。

裏面は、全面が天然ゴムの滑り止め加工がされており、ナイロンマットのズレ問題は完全に解消されました。天然ゴムは紫外線に弱いのがウィークポイントですが、裏面だけに使われているので経年劣化もしにくいと思われます。

普段はキーボードとマウス2台を使って4台のPCを操作しています。幅が70cmもあるので、筆者のような変態環境でも左右に十分な余裕があり、かなり快適になりました。

キーボードとマウスがより快適に使える

キーボードは、FILCO Mejestouch Convertible2(有線USBとbluetooth)を使っています。デスク幅を有効に使える10キーレス仕様を好んで使っています。

bluetoothはWindowsPCに接続、有線USBはLinuxとつないでいます。Linuxは安いUSBキーボードをつけっぱなしにしていまししたが、FILCOの導入で1台で共有出来るようになり、机上もスッキリとしました。L

この変態環境を1台で済ませられるキーボードはFILCOだけみたいですね。最近、東プレからも同様の高級キーボード発売されたようですが、有線とBluetoothの切り替えがイマイチみたいです。改良されたら購入を検討したいと思います。

マウスは、logicoolから4台のPCを切り替えられるものが発売されていない(最大3台)ので、logicool M590を2台使って4台のPCを切り替え操作しています。デスクトップPCはUSBドングルを追加購入して2台ともUSB接続にしています。ロジクールのUSBドングルは混信がすくないのでストレスありません。

M590は「軽い、安い、静か」が素晴らしく、他メーカの製品に同等のものはないので、通算6台は買っています。

家電修理や電子工作などの作業モノをする場合は、シリコンマットをおいて作業すればデスクマットも汚しません。

ロジクールのデスクマットは価格が2,500円程度と安く、気軽に導入できるのでおすすめです。

半年くらい使ってみて耐久性に問題がなければ他の環境でも導入しようと思います。

Hardware
スポンサーリンク
falconblog